2018年01月11日

〆のキャビア飯つくりました。

IMG_20180111_230821_944.jpg


毎日本当に寒いですね。

年末年始、すこし忙しなくて久しぶりのニュースとなってしまいました。

明けましておめでとうございます。

本年も仏食堂Ronronnerをよろしくお願いいたします。


新年からの試みとして、〆のごはんものをつくりました。

第1弾、キャビア飯(めし)です。

炊きたての土鍋ごはんに、がっつりキャビアを1瓶つけました。

だいたい2人前ぐらいの分量です。

大概キャビアはアクセントの塩気に使われることが多く、なかなか「キャビアってこういう味」というのが判らないなあと思い、店主にお願いして作ってもらいました。

キャビアごはんは、まろやかでしつこくない、上品な味に。

口の中でほどけるように滑らかな食感です。

でも、キャビアだけでは飽きるので、うずらの卵で卵かけごはんができるようにしてみました。

うずら卵は、鶏卵と比べると味が濃く、白身が少なめ。

コクのあるお醤油を垂らして、少し濃いめの卵かけごはんを。

キャビアを少しのせると、さらに贅沢なお味に。


今回、アラカルト(\4,000)とキャビア飯が〆のコース(\7,000)をご用意しました。

土鍋ごはんが1合なので、コースはお二人様でのご注文にて承っております。


ぜひこの機会に、がっつりキャビアを食べてみてくださいね♪
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 23:11| Comment(0) | メニュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: