2017年10月12日

あたらしい秋の前菜、オマール海老と柿のサラダ。

IMG_20171012_232217_847.jpg



ここ数日は、まるで夏のように暑い日がつづきましたが、週末にはぐっと気温が下がるようですね。


仏食堂Ronronnerでは、あたらしく秋の食材、柿を使った前菜をつくりました。

オマール海老と柿のサラダ トリュフの香りです。

オマール海老は半割りにして、殻から焼いて、香ばしくぷりぷりに。

さくさくフレッシュな食感の柿と、どちらも違った甘味で、飽きない仕上がりにしました。

オイル漬けにしたトリュフは、しっかりと香りを出すので、オマール海老や柿に負けない存在感。


合わせるお酒は、やっぱりワインかなあ。

そういえば、先日の『旅するスペイン語』では、海老のアヒージョに甘い赤ワインを合わせていました。

海老の甘味と、赤ワインの甘さが合うのだそう。本当においしそうだったなあ。

残念ながら仏食堂Ronronnerには甘い赤ワインは置いていないので、やや甘めの日本酒と一緒にどうぞ。

日本酒なら、柿の繊細な香りもそのままに味わえるのでおすすめです♪
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 23:25| Comment(0) | メニュー