2017年09月14日

あたらしい前菜は秋の味覚、秋刀魚のマリネ。

IMG_20170914_223950_571.jpg


ずいぶん秋らしい気候になってきましたね。

朝夕は羽織るものがいるなあと思う今日この頃。


仏食堂Ronronnerでは、秋らしく秋刀魚を使った前菜を作りました。

秋刀魚のマリネです。

さっとマリネした秋刀魚は、皮目を炙って。

ほんのり温度が上がって、香ばしく、とろりとやわらかに。

新鮮な秋刀魚のものでしか作れない、秋刀魚の肝ソースを添えています。

秋刀魚といえばやっぱりすだち、ということで、すだちドレッシングもかけて。

ほろ苦い肝ソースと、さわやかなすだちの香りでお箸が進みます。

箸休めに、甘酸っぱく仕上げた自家製のピクルスを。

ピクルスといっても、塩味と酸味は控え目なので、『紅白なます』のような味わいです。

秋刀魚なので、定番ですが大根をつけたかったんです。


合わせるお酒は、やっぱり日本酒かなあ。

やや甘めのものあたりがおすすめです。

少し低温かな、ぐらいの低すぎない温度のものと合わせたいですね。

酸味のある白ワインでも美味しいかも。


あれこれ考えるのも楽しい一皿に仕上がりました。

秋のひと皿をぜひこのときに。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 22:46| Comment(0) | メニュー