2017年03月28日

あたらしいセットメニュー、『アペロセット』。

IMG_20170328_181304_071.jpg


ここ数日、陽射しはあたたかいですが、朝夕がすこし冷え込みますね。

仏食堂Ronronnerでは、年末から練りに練っていたセットメニューを、ようやくお披露目することになりました。

あたらしいセットメニューは、『アペロセット』です。

前菜盛り合わせ+当店おすすめのドリンク1杯(ワイン(赤・白)、日本酒、ビールから選択)、¥1,350です。


そもそも「アペロ」とは何かというと、apéritif(アペリティフ)、前菜の略です。

フランスでは、仕事の帰りやちょっとした集まりのときに「アペロする?」などのように使われるそう。

軽くおつまみを食べながら、お酒を楽しむことをさすのだそうです。

日本でいうところの、「ちょい呑み」と同じような感覚でしょうか。


「仕事の帰りに、ちょっと食べてお酒も飲みたい。だけど、家に帰ってからつくるのはちょっと・・・。」というとき。

「とりあえず一皿と、とりあえず一杯。その間に、次はなにを食べようか考えたい。」というとき。

そんなときにおすすめのセットです。


アペロの性質上、アペロセットのみでのご予約はお受けしないことに決めました。

「ちょい飲み」って、なにも決めずに、フラッと立ち寄るものかなと思いますので。

また、「前菜だけで、おなかいっぱいにするのはいかがなものか」という考えのもと、いちどのご来店につき、1回のみのご注文に限らせていただきます。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 18:16| Comment(0) | メニュー

2017年03月24日

本日の鮮魚のマリネは鯛で。

今日は晴れていましたが、すこし冷え込んだ日でしたね。

最後の冬物かなと思いながら、セーターを着て出て正解でした。 

IMG_20170324_191608_759.jpg

IMG_20170324_191403_983.jpg


春間近の今日この頃の、仏食堂Ronronner本日の鮮魚のマリネは、真鯛のマリネと豆のサラダです。

いちど昆布締めにした鯛に、甘味の強いフルーツトマトを合わせました。

「春なのにトマト?」と思うかもしれませんが、むかし八百屋さんに「トマトは春」と聞いたことがあるのです。

冬の名残の寒さがあるので、ドレッシングは柚子風味に。

もうすこし暖かくなったら、ライムでも良いかも。

インゲン豆と自家製のパニール(インド、パキスタンなどで食べられているカッテージチーズ)、トマトで春らしさも出して。

冬から春へのうつりかわりを、ひとつのお皿にのせてみました。

ぜひ、さっぱりとした軽めワインか、日本酒に合わせてどうぞ。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 19:22| Comment(0) | メニュー

2017年03月20日

大阪ならではの春野菜。

IMG_20170320_170402_603.jpg


「若ごぼう」ってご存知ですか?

これは、大阪府八尾市産の「若ごぼう」という、葉・茎・根すべてを食べられる春野菜です。

大阪を中心とした関西で食べられているもので、栄養価も高いのだそう。

見た目はフキに似ていますが、ちゃんとごぼうの風味があり、普通のごぼうよりもやわらかいです。

さっと加熱にとどめないと、やわらかすぎる食感になってしまうほど。

どう使うか検討中ですが、まずは先日アップした記事の真鯛をグリルにして合わせてみました。

IMG_20170320_170431_246.jpg

葉は茹でてドレッシングと和えて。茎は真鯛の出汁で炊いて。根っこは甘めの味付けで炒めて。

若ごぼう三昧のつけあわせにしてみましたが、脂ののった真鯛の風味が一層増して、おいしい仕上がりになりました。

奥の蕎麦猪口は、茎を真鯛の出汁で炊いたときのお出汁です。

ごぼうの風味がよく、あまりにおいしくて「お出ししないのはもったいない」ということで、ご注文されたお客様に「よろしければ」とおすすめしています。

お蕎麦を食べおわったあとの、蕎麦湯に近いかんじですね。

葉っぱには、蕎麦に含まれているルチンも豊富に含まれるそうなので、あながち遠からずといったところでしょうか。


この季節のおいしい大阪野菜、ぜひどうぞ。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 17:15| Comment(0) | メニュー