2019年10月11日

秋のこっくりデザート、栗の渋皮煮とチョコレートのタルト ラムレーズンのクリームと。

日中は暑いけれど、日が落ちると涼しい日が増えてきましたね。

日没の時間も早くなってきて、秋が来ているのだなあとしみじみ思う今日この頃です。


仏食堂Ronronner では、秋を楽しむデザートを作りました。

40AE53B2-E33D-41DC-9394-7EC07D4B6066.jpeg

栗の渋皮煮とチョコレートのタルト ラムレーズンのクリームを添えて。

栗の渋皮煮は毎年お店で作っている定番です。

ホクホクしっとり、つやつやに仕上げました。

それをまるひとつと、タルトの上にも盛って。

チョコレートのタルトはこっくり濃いめ仕上げに。

ラムレーズンのクリームで、ふんわりラムの香りとなめらかさを。

涼しくなってきた夜に合うデザートに仕上げました。

ぜひ、ロンロネおすすめの川崎コーヒー商会の天神ブレンドとともにどうぞ。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 19:33| Comment(0) | メニュー

2019年09月24日

秋は秋刀魚とひやおろし。

まだ暑い日もありますが、最低気温が低くなってきて、ずいぶん秋めいてきましたね。

おいしい秋の食材を見かけることが多くなってきて、うきうき楽しい気持ちになります。

仏食堂Ronronnerの秋のメニューですが、やっぱりこの季節は秋刀魚!

炙り秋刀魚ごはんと、秋刀魚のマリネ 肝ソースです。

E3C0AE8C-CA33-4456-8349-1224B201AE04.jpeg

ごはんは秋刀魚の骨からとった出汁で炊いて、十分に旨味を閉じ込めて。

炊き上がる直前に、つやつやほろ苦の銀杏を。

蒸らすときに、皮目だけ香ばしく炙った秋刀魚をさっと入れて、しっとり半生に。

召し上がる直前にはスダチをぎゅぎゅっと絞って。

ふんわりと秋の香るひと皿に仕上げました。

秋刀魚の魅力をもうひとつ。

364CE92F-2886-4134-BAB8-50413ADF35F6.jpeg

秋刀魚のマリネ 肝ソースです。

こちらは本日のお魚の前菜ですが、秋刀魚といえば、ほろ苦い肝!

炙り秋刀魚ごはんの方には入れられなかったので、前菜で。

甘酸っぱいマリネは、秋刀魚をさっぱり食べられる、お気に入りのひとつです。


秋刀魚と合わせるのは、やっぱりひやおろし!

旨味のある秋刀魚を、旨味のある日本酒で。

きゅっと冷やして口に含むと、えもいわれぬ香りと旨味が広がります。

今年は山本本家さんの神聖のひやおろし。

神聖は青ラベルや氷温囲いも用意していますので、飲み比べを楽しむことも。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 10:55| Comment(0) | メニュー

2019年09月13日

秋の始めの前菜、青森県産白桃のスープ、オマール海老と白桃のサラダと。

最近すこしだけ涼しくなってきましたね。

昨日はようやくエアコンを消して、夜を過ごせました。

これから秋がくるのだなあ、としみじみ。


そんな季節の変わり目に、やさしい味の前菜をつくりました。

3987A9F1-1D55-4673-8C35-F21D7244B645.jpeg

青森県産白桃のスープ、オマール海老と白桃のサラダと。

今年の桃は特に甘みがあってみずみずしく、そのままでもじゅうぶんに美味しいものです。

その雰囲気をそのままに、スープに仕立てました。

一緒に添えたのは生の桃と、甘さと香りがあるオマール海老のソテーを和えて。

やさしい口当たりになるように、ゆるめのコンソメジュレを添えました。

桃が美味しいあいだのみの限定メニュー、この機会に味わってみてくださいね。
posted by 仏食堂Ronronner(ふらんすしょくどう ろんろね) at 21:19| Comment(0) | メニュー